通販で医薬品を購入するメリット

医薬品は大きく医療用のものと一般用に大別されます。一般用であれば医者による処方せんが必要無く、薬局やドラッグストアなどで購入することができます。医療用のもには医師の処方せんが必要です。

通販で医薬品は購入できるのでしょうか。医療用のものは無理としても一般用なら購入できるのではないかと感じます。ところが最近まで「薬は対面販売でなければならない」という省令があり、通販で購入することはできなかったのです。ところが最高裁がネット販売規制は違法であるとする判決を出し、以降はネット販売が解禁されることになりました。

通販で購入できるメリットはなんといっても、購入する場所・時間の制約がないことです。薬局まで買いにいく必要はありませんし、働いている人は仕事が終わってからでは店が閉まっていたなんてこともありません。買うことができる場所が近くにないという人にとっては便利になりました。

またネット販売だと他人の目が気になる医薬品も購入しやすくなります。水虫や妊娠検査などの場合は店では買いにくいものです。他人の目を気にする必要はなくなるのです。

ところで薬価は、国によって決定されます。患者に使用したものは薬価基準どおりに請求されるのですが、取引価格に関しては規制がないため医者は安く仕入れることができます。ということは通販だとラミクタールなどの薬価が安くなるかもしれないのです。

ラミクタールは抗てんかん薬の一つです。部分発作をはじめ、いろいろな発作に有効なのですが、通常の方法では医師等の処方箋がないと購入することができません。ところが個人輸入という方法があります。ラミクタールをネット通販でしかも低価格で購入することができるのです。